既存住宅売買のかし保険(個人間売買タイプ)

既存住宅売買かし保険

ビデオで見る既存住宅売買かし保険

既存住宅売買かし保険(個人間売買タイプ)について
ビデオで分かりやすく説明します。

再生
×

既存住宅売買かし保険(個人間売買タイプ)のポイント

  • 既存住宅売買かし保険は、「売主が宅建業者の場合」と「売主が宅建業者以外(個人間売買)の場合」の商品があります。
  • 構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分などで、保険期間は5年間または1年間です。
  • 万が一、引渡しを受けた建物の保険対象部分に瑕疵が見つかった場合は、その補修費用をまかなうことができます。

売主が個人、買主も個人の個人間による売買の場合

個人間での売買の対象となる住宅の検査を行い、売買後に隠れた瑕疵が発見された場合に保証する「検査機関」の保証責任について保険金を支払います。

1.検査機関の手続きの流れ

保険法人へ検査機関登録
保険申し込み(売買ごと)
保険法人や検査機関による検査
保険証券の発行申請(引渡し前)
保険証券の受領(引渡し時)

2.保険の仕組み

保険の仕組み

保険金の支払い対象

1.保険金の支払い対象となる費用

  • 修補費用
  • 調査費用
  • 転居・仮住まい費用等

2.保険金

修補費用等から5万円を引いた金額の100%が保険金支払額となります

3.支払い対象と保険期間

保険対象部分 保険期間 保険金を支払う場合 事象例
構造耐力上主要な部分 5年間
または
1年間
基本耐力性能を満たさない場合 建築基準法レベルの構造耐力性能を満たさない場合
雨水の浸入を防止する部分 防水性能を満たさない場合 雨漏りが発生した場合
給排水管路※ 通常有すべき性能または機能を満たさない場合 (設置工事の瑕疵による)水漏れ、逆勾配
給排水設備・電気設備※ 機能が失われること (設置工事の瑕疵による)設備の機能停止

(※)給排水管路、給排水設備・電気設備については、保険法人によっては保険対象としていないところもあります。