今回の新規&更新講習の対象は以下の方となります。
該当しているものにチェックを入れて「次に進む」ボタンを押してください。

【ご注意】

施工管理技士と建築士の資格を両方お持ちの場合は、建築士向けの講習である「既存住宅状況調査技術者講習」の受講をお勧めします。
既存住宅状況調査技術者講習は、既存住宅現況検査技術者の業務範囲をすべてカバーしています。
また、平成30年4月施行の改正宅建業法における「建物状況調査」は、既存住宅状況調査技術者のみが実施できます。